割烹金柳は、大正10年に創業して以来、悠然と流れる大横川の ほとりにたたずむ、いまでは数少ない歴史ある割烹料理店です。
かつてのいわゆる「深川情緒」を色濃くのこした佇まいは、 まるで、当時の風俗や人情を現代に甦らせてくれるようです。

門前仲町永代通りを 二すじ入りますと「辰巳よいとこ素足があるく 羽織りやお江戸のほこりもの」と小唄にも唄われ、意地と粋を 心に感じ深川情緒を お楽しみ頂ける事と存じます。

新芽が芽吹く春先には、お江戸深川さくらまつりにて、さくらと新内流しの風流を感じながらのお食事をご堪能いただけます。
夜には桜がライトアップされ、昼とはまた違う表情を楽しみながら、宴席に興を添える芸妓の舞踊や音曲・鳴物をご堪能いただけます。
秋には、立派に紅葉し川沿いを彩る草木を観賞でき、風雅な四季の移ろいを感じながらのお食事をご用意いたします。

旬の食材をふんだんに使った料理も、割烹 金柳の自慢です。
大正時代より三代続く洗練された技で、見た目も美しく、 四季を感じさせるお料理を提供いたします。
ご予算に応じて、様々なプランをご用意しておりますので、 どうぞお気軽にお問い合わせください。
皆様、どうぞ割烹金柳にて、季節を感じる、 贅沢なひとときをお過ごしくださいませ。

Comments are closed.